小さな町から抜け出して名古屋に行きたかった私  
名古屋に 土曜、日曜 電車 受験
 
 
    家に遊びに来てくれました  
 
    私のクラスメートの大部分の人は、名古屋の人です。
    “生まれも、育ちも名・古・屋”という、うらやましい?人たちです。
    ホントに名古屋のことを知っていて(あたりまえだね。)、
    いいなーなんて、いつも友人に言っております。
    友人わく、
    「名古屋でも田舎はあるし、市外から来るより名古屋中心部に到着するのに時間がかかる場所もあるよ。」
    と・・・・・・
    う〜ん、分かっているのだけど!
    
    いつだったか、クラスメート数人が私の自宅に遊びに来てくれました。
    その時期がちょうど田植えが終わった初夏で、カエルがうるさく鳴いていました。
    その声に友人が、大騒ぎで喜んでいました。
    まるで夏のキャンプにきたみたいだと。
    えー、それは誉められているのでしょうか?
    友人は、町に流れている水の美しさも感激していました。
    まぁー、これに関しては自慢できるひとつかも!!

 
 
 
copylight(c)Rights Reasered